紫外線からお肌を守る

お肌を老化させる1番の原因は紫外線です。紫外線を浴びるとまず皮膚が赤くなったりほてったりし、つまり日焼けが起こり、その後皮膚の最下層でメラニンが作られて皮膚が黒くなります。これは、一種の防御反応で、普通は時間がたてばもとに戻るのですが、加齢やストレスによって肌の状態が悪化していると、シミやそばかすとして沈着し残ってしまうことがあります。また、紫外線を浴びると表皮でたくさんの一重項酸素という活性酸素が生み出され、表皮細胞の細胞膜を変性させます。これが繰り返されることで表皮細胞の代謝が衰えて肌が老化し、シミやそばかすができやすくなってしまうのです。このようなシミやそばかすからお肌を守ってくれるのが、アスタキサンチンです。


アスタキサンチンとは、自然界に存在する天然の赤い色素で、鮭やエビ、カニなどに多く含まれるカロテノイドの一種です。活性酸素を除去する抗酸化作用を持つ成分として注目されるカロテノイドの中でも、特に作用が強いのがこのアスタキサンチンです。それを皮膚に塗ることで、表皮の一重項酸素が除去されるため、炎症が起こりにくくなり、メラニンの生成を予防することができます。また、アスタキサンチンを塗ることでメラニンの沈着が抑えられた、すでにできた沈着を取り除くことができたという実験結果もあり、アスタキサンチンは美しい肌を作るのに最適な物質であると言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。