アスタキサンチンの働きと役割について

アスタキサンチンとは、カニやエビ、サケなどの赤橙色の色素物質でカロテロイドの一つになります。
その効能には、非常に強力な抗酸化作用があります。
また、その作用には、活性酸素が老化を促すことに対してそれを除去する効果が認められています。
他には、シミの原因であるメラニンの生成を抑制する美白作用や保湿効果など美容にもいい効果があります。
そして、健康にも大きな役割を果たしています。
免疫力がアップして抵抗力強化をして、抗酸化物質をたくさん体内に摂ることで体内の活性酸素が減少します。


この事が、アレルギーや花粉症にも効果が期待できる部分になります。
また、最近ではパソコンなどで目の疲れに悩む人が増えている中で、その目の疲れにもアスタキサンチンの抗酸化作用により、目の老化や疲労回復にも働きかけます。
このように、美容や健康に大きな効果が期待できるのがアスタキサンチンの成分です。
出来れば食品から毎日摂るのが一番いいのですが、毎日カニやエビを大量に食べることは無理があります。
そのために、毎日手軽に摂ることができるサプリメントなどを活用することもいい方法になります。
また、アスタキサンチンはビタミンCなどと同時に摂ることで効果がアップします。

コメントは受け付けていません。