アスタキサンチンの基礎知識

トマトアスタキサンチンはカロテノイドの一種になりエビやかに・サケなどに多く含まれている赤色の天然色素になります。カロテノイドは天然の動植物に存在する天然色素になり、トマトに多く含まれるリコピンやモロヘイヤ・人参に含まれているβーカロテン・トウガラシ・パプリカに含まれているカプサイシンもカロテノイドの一種になります。


アスタキサンチンは強い抗酸化成分になり、さまざまな美容効果や健康維持効果があります。強い抗酸化作用で血中コレステロールを減らして、血液をサラサラにする働きがあるので、動脈硬化を予防する効果があります。紫外線の影響で発生する活性酸素を除去する働きがあります。紫外線よって活性化するメラニン色素を抑制させる働きがあるので、シミやそばかす・くすみなどに有効な成分になります。コラーゲンの減産を防ぐ効果もあるので、肌のハリや弾力を保つ効果もあります。アスタキサンチンは、不眠症にも効果がある成分といわれています。睡眠を正しく調整するメラトニンという物質の酸化を防ぐ働きがあります。脂肪を燃焼させる働きもあるので、ダイエット効果なども期待することができます。目の奥にまで届く性質をもっているので、眼精疲労の改善効果もあります。